Style 21世紀×Deaf×INFP

自由なき人生など、惨めなものだ - Andrew Hamilton

聴覚障害者がパワーゲーム(人間関係のいざこざ)に巻き込まれたら

f:id:yRy:20170222202000j:plainphoto credit: Eduardo_il_Magnifico White Knight | Black Knight via photopin (license)

 

パワーゲーム(power game)とは、権力闘争のことである。もともとは国同士の政治的な駆け引きを意味するが、職場での出世競争、父親と母親の間の家庭内実権争いなども、パワーゲームに含まれる。

この記事では、健聴の世界に生きる聴覚障害者がパワーゲームに巻き込まれた場合の対処法について述べる。

 
過去に「聴覚障害者はKY」という記事を書いた。


この記事にある通り、聴覚障害者は誤解を受けやすい障害だ。ゆえに、不本意にパワーゲームに巻き込まれ、排除対象になることが非常に多い。プライベートや職場などで勃発したパワーゲームに巻き込まれた聴覚障害者は、大抵の場合、なにもできず一方的にボコボコにされる。

理由はいくつかある。

 

耳が聞こえないゆえに、
  • 情報戦で圧倒的に不利になり、賢い立ち回りができない
  • 一対多数のコミュニケーションによる味方作りが難しい
  • 日頃のコミュニケーション量が少なく、助けてくれるような強固な信頼関係を周囲の人と築けない

 

パワーゲームは、表面上は穏やかに進行する。取っ組み合いの喧嘩や罵りあいに発展することは滅多にない。あなたのエネミーは、「あなたに傷つけられた良心的な被害者」であることを周囲に印象付け、味方を水面下でかつ迅速なスピードで増やしていく。粛々とあなたを排除する布陣が敷かれ、聴覚障害者は、弁明の余地すら与えられないまま、周りに敵しかいないという状況に陥り、そのまま心や自尊心が蹂躙される。

D・カーネギーが述べているように、人は基本的に自己正当化しか考えない生き物である。当たり前だが、自己正当化に最適チューニングされた敵手の思考ロジックに、合理的配慮はない。人間という生き物は、自分の立場が危ぶまれたり、異物が混入すると、善人の仮面をかぶった群れを作り、活用できる要因全てを動員して対象者を潰そうとする。

私は、聴覚障害者の地位向上を金看板に、行き過ぎ感を覚えるほど過激な言動を繰り返す聴覚障害者を咎められない。健聴者への憎悪が言葉の端々にあらわれている人は、こうしたパワーゲームによって、何もできないまま自尊心を踏みにじられ、屈辱と恨み、人間への不信を心の底に溜めている人だろう。

パワーゲームは、闘争本能に支配された位相空間である。対立する2者が自分の正当性を主張しあい味方を作ろうとする。このなかで、聴覚障害者はどのようにふるまうべきか、どのように対処していくべきか、その勘所を3点挙げる。

 

① 長期戦を覚悟する


聴覚障害者がパワーゲームに巻き込まれたとき、長期戦を覚悟しなくてはならない。多くの人に自分の考えを話し、共感を得たものが有利になるパワーゲームにおいて、口話による情報戦で、聴覚障害者は健聴者に絶対に勝てない。つまり、大勢の人があなたに悪いイメージや誤解を抱くことは避けられない。糞みたいな現実だが、まずこれを受け入れてほしい。そして、ここで理性や冷静さを失ってはいけない。はじめに話したように、相手サイドの主張を把握し、ゆっくり無効化していくには時間がかかる。
 
パワーゲームは100m走ではない、フルマラソンだ。人間関係は、長期のスパンで熟成されていく。つまり、最初にスタートダッシュをかまされ、劣勢に陥ったからと言って、あなたに打つ手がなくなるわけではない。あなたは、圧倒的に不利な戦況を、言葉以外の力でひっくり返さなければならない。
 
言葉以外の力で、かつ言葉より雄弁なものがある。それは、真摯な行動である。相手の言い分が誤っていることを態度によって発信し、周囲の評価を少しずつ改めさせなければならない。
 
最初は、はらわたが煮えくり返る想いだろう。自分の弱みを狡猾に利用して、自分の尊厳や立場を壊そうとしている相手だ。冷静になれ、というほうが難しい。
 
アトバイスをしよう。そういう相手のことは忘れろ。勇気を出して、放置することだ。味方を作ろうと奔走している対抗者の行動原理は「自己保身」だ。自己保身のために作られたコミュニティの結束力はとてつもなく脆い。あなたを叩く目的だけでつながっている薄っぺらいコミュニティは、あなた以外の要因で簡単に壊れる。そんなくだらないコミュニティのために、悩んだり、心を痛ませたりすることは時間の無駄だ。
 
ここで、怒りに心を乗っ取られたり、内の世界にこもってしまったりすると、状況は一層悪くなる。ほれみたことか、私の言うとおりだ、と周囲は喜ぶ。やること全てが空回りしてしまう前に、頭のなかにシャッターを作り、すべての感情を追い出そう。
 
負の感情の追い出し方については本記事の本筋からそれるため、言及しないが、下記本が非常に優れている。本屋などで立ち読みしてほしい。

 

感情を追い出し、あなたにできることを淡々と続けよう。顔には微笑みを浮かべ、行動においてはミスひとつしないことを徹底しよう。謙虚さを失わず、失敗したときは、誠意込めてお詫びしよう。対抗者が自分に絡んできたときは、柔らかな態度で応じよう。

行動で示すことは、言葉より棘がなく、周囲を柔和にさせる。あなたの誠実な行動に感化され、あなたの行動を見て、あなたを庇ってくれるような人は、周囲のうわさに流されない心の綺麗な人だ。心が綺麗な人は人望に厚い人に多く、少数でもあなたの強力な壁になる。

繰り返すが、そういう味方を増やしていくためには、長い時間がかかる。強いるのは酷だが、パワーゲームにおいて聴覚障害者は包囲スピードという面で劣勢にある以上、宿命だと思って受け入れてほしい。負の感情にとらわれず、現実を直視したうえで取るべき行動を淡々と続けることが要(かなめ)だ。

 

②どんな些細な欠点でも改善する


誰にも話してこなかった私の過去の経験を話そう。
あまりにも苦い思い出のため、実親にすら話していない。
 

高校生のころ、私はとある球技の運動部に所属していた。耳が聞こえないため、先輩や同期とコミュニケーションが上手に取れず、人間関係は入部当初からボロボロだった。しかし、球技のプレー自体がとても楽しく、その部活は続いていた。私はプレーのたびに「こうするべきだと思う」という改善案を頻繁に出し、仲間が帰った後も夜遅くまでひとりで練習していた。しかし、人間関係があまりにも憂鬱だったため、わざと時間に遅れたり、苦手な先輩や同期との交流を避けたり、メインの練習時間における私の態度は良いものではなかった。

高校2年の秋、私はパワーゲームに巻き込まれた。最もそりが合わない同期の一人が、私に暴言を言うようになった。周囲も、最初は無関心であったが、やがて先輩からは虫除けスプレーを吹きかけられ、同期からは徹底的な仲間はずしにあうようになった。意味が分からず、部室の黒板に言いたいことがあるならここに書いてくれ、思い切って残し、その日は帰路についた。翌日、黒板にはびっしりと私の悪口が書かれてあった。ショッキングな出来事だった。しかし、なぜ除け者になったのか、そのヒントが垣間見えた。私は泣きながら全てをメモに取り、欠点の改善に努めた。結果、先輩の引退後は、すべてがうまくいくようになった。最もそりが合わないと思っていた同期とは、プレーで最も語り合える仲になった。

 
上記のエピソードから伝えたいことがある。私が周囲から孤立した原因は、やはりメイン練習会の態度や、先輩への接し方などにあった。こうした社会的でない態度を持つに至った背景は明確に存在した。本心をいえば、自分の置かれている状況を分かってほしかった。しかし、こうした背景を周囲に主張しても、事態は悪化する。あなたに欠点がある限り、周囲は同情したくてもできないし、味方になってやれないのだ。

あなたの欠点は、どんな些細なことでも、敵手が味方を増やすための材料になる以上、あなたがやるべきことは、欠点の背景を説明することではなく、「欠点を改善する」ことである。 

人は、いいところもあれば悪いところもある。長所は、短所の裏返しであり、短所は、長所の裏返しである。しかし、パワーゲームにおいてはこのロジックは働かない。あなたが自身の立場や背景を周囲に必死で説明しても事情は覆らない。あなたがパワーゲームをどうにかしたいならば、欠点を改善していかなければならない。「あいつの〇〇なところがあり得ない」という相手の言い分を、帳消しにしなければならない。

人は陰口が大好きな生き物だ。その心臓は悪口を言わないと止まってしまうのか、と疑いたくなるほど、浅ましい言動を糧に生きている。人間は、陰口でしか集団を維持できない悲しい生き物だ。そして、私もあなたも誰かを傷つけている一人だ。「罪なき者だけが石を投げよ」がわかる人は、この世にほとんど存在しない。だから、誰かがあなたの欠点を指摘したとしても、それを自分のすべての評価ととらえないでほしい。あなたにはあなたの良さがある。あなたのよさは、あなたが知っているはずだ。それを心の支えにしてほしい。
 
欠点を改善することは、あなたの良さを増幅して周囲に伝える狙いもある。その取り組みが本物であれば、周囲の反応は徐々に、しかし確実に変わる。言葉と行動では説得力が違う。ひとりひとり味方が増えていく。敵がなおも、パワーゲームを続けようとすれば、勝手に自滅する。
 
苦しいことだが、自分の短所とストイックに向き合うところから、周囲の評価を改めさせよう。エネミーが間違っていたことを態度と結果によって、証明し、奪われた自尊心を取り戻そう。

欠点を改善することは、周囲の言い分を認める行為ではなく、自尊心を取り戻すための行為だと思って取り組んでほしい。

 

③競争から降りることを覚える


最後の対処法は、最も重要なことだ。
何度も痛い思いをして、私が学んだ処世術でもある。

 

忘れられないパワーゲームがある。そのパワーゲームは前の職場で起こった。パワーゲームに巻き込まれたとき、「どう考えても自分は悪くない。濡れ衣だ。」という絶対的な自信があった。またそれまで一方的にやられていたこともあり、これ以上やられることは自尊心が許さない、と考え、わたしは徹底的に抵抗した。信頼できる人には相談を持ち掛け、根も葉もないうわさを信じ込んでいる層には敵意をむき出しにした。

そして私は、パワーゲームに負けた。あまりの理不尽さに我を忘れていたとはいえ、私の言動は誤解を解くためと呼ぶには、行き過ぎていた。本来の相談相手含め、職場のすべての人が私を避けようとする空気を察知した私は、逃げるように職場をやめた。その時はさすがに荒れた。全身全霊で世のすべてを恨みぬいた。人間という生き物の汚さや、社会の理不尽さで心は憎悪に染まり、部屋で暴れ、お酒を飲み、怒りの放出に疲れて寝ることを繰り返していた時期があった。

立ち直るまでずいぶん時間がかかったが、今だから言えることがある。

 

自分が圧倒的に有利なパワーゲームにだけ乗っかろう。ただし、敵手を貶める言動は避け、今まで通り、評価されている行いを淡々と続けよう。

少しでも自分が不利なパワーゲームには即座に降りよう。どれだけ自分が正しいと思えても、降りたほうがいい。勝っても負けてもいいことが一つもない。パワーゲームから降り、0から積み上げていくほうがよほどいい結果を招く。

勝てそうなパワーゲームも、負けそうなパワーゲームも、相手の攻撃性に攻撃性で答えてはならない。ネガティブな感情に支配されてはならない。柳のように、相手からの攻撃をいなさなければならない。
 

パワーゲームから降りる、ということは白旗を振ることではない。そのパワーゲームを成立させている事由を打ち消すことである。パワーゲームの不毛さに気づき、周囲に「もうやめよう、戦う意思はない」ということを無言で示さなければならない。そして、さんざん自分を傷つけてきた人を、温かな心で迎えなければならない。相手の言い分を認めなければならない。

あなたがパワーゲームにのっかっているうちは、することなすこと全てが空回りする。競争から降りよう。経験上、徹底抗戦していいことは一つもなかった。

なんのために人は争うのか、それは相手にとって自分がいることが不都合だからだ。不都合な存在になることをやめよう。ほしいものはくれてやれ。そんなくだらないもののために心をボロボロにすることはない。心を消耗してまで戦うべきパワーゲームは、そう多くない。

固執するのではなく、次のステージのために行動しよう。あなたがほしい物は、数年後に手に入ればいい、くらいの気持ちでいよう。
 
これができるようになるためには、相当な精神的な鍛錬が必要だ。なぜクズ野郎のために、そこまで譲歩しなければならないのか、とあなたは思うだろう。しかし、この世には修復不可能な汚さがあり、それを引き出してしまうのも、美しくするのも、あなたの心次第なのだ。
 
元総理である田中角栄は、敵陣の政治家が300万円の政治資金調達に困っているときに、500万円を渡した。敵対者ことごとくに塩を送った。あなたもまた、全てを腹に収め、許せるようにならなければならない。


人間の悪しき習性に対して、攻撃的に対応することは、さらなる攻撃性を招いてしまう。勝つことがあったとしても、精神を消耗させてしまい、勝利の美酒に酔いしれるより前に、パワーゲームが残した大きな禍根と向き合うことになる。

勇気を出して、パワーゲームそのものから降りよう。ただし、降りた傍らで、いまできることに懸命に打ち込み、欠点を改善し、自分を傷つけた相手のすべてを許そう。そうすれば、また別のあなたにふさわしいステージが用意される。大丈夫、信じてよい。世の中はそうできている。

 

 

まとめ

 

聴覚障害は、他者の心に巣くう攻撃性を引き出してしまいがちな障害だ。コミュニケーション能力にハンディがあるゆえに、スケープゴートの対象、都合よく扱われる対象になりうる、聴覚障害とはそういう障害だ。人間のダークサイドと何十回、何百回も向き合わなければならない。 

こうしたパワーゲームは、人格をひん曲げるには十分すぎるほどの影響を持つ。人への憎悪、世の中の卑しさ、無力感を蓄積していった者は、良くも悪くもスレた人間になる。捻じ曲がった人格は、さらなるパワーゲームを呼び込む。

ねじ曲がった性格が、これ以上ねじ曲がらないよう、本記事に記載した3つの処世術をもとに、この醜く残酷な世界を乗り切ってほしい。

 

リアルタイム情報の弱者である聴覚障害者が、健聴者とのパワーゲームを処理うえで必要な3つのマインド

①長期戦を覚悟する

②どんな些細な欠点でも改善する

③競争から降りることを覚える

 

この記事に共感できない、ピンと来ない聴覚障害者がいるとしたならば、あなたは間違いなく、周囲に恵まれている。理性的かつ、よき理解者に囲まれている。

その環境を大切にしてほしい。
 
 
最後に、わたしがパワーゲームを乗り切る上で参考になった本を挙げる。この本を書いた者は、黒人差別を受けながら国連の重要なポジションをこなし、国務長官まで上り詰めた人だ。聴覚障害者の人間関係も辛いが、国単位の利害を調整し、利害関係者の感情の渦をかいくぐる難しさとは比べるでもない。リーダー向けの本に思われるが、人間関係の英知が詰まっている。