Style 21世紀×Deaf×INFP

自由なき人生など、惨めなものだ - Andrew Hamilton

魔術のように人々を魅了するカリスマになるための2条件

f:id:yRy:20160422155924p:plainphoto credit: Refugees: "There is a real need to protect women and children" via photopin (license)

※文字数 :3,900文字
※読了分数:6分

カリスマ(charisma)とはなにか?

Oxford Wordpower Dictionaryによると、

a powperful personal quality that some people have to attract and influence other people
(一部の人が持つ、人を魅惑し、行動様態に影響を与える強力な特性)

語源は古代ギリシア語、favor(好意)、grace(優雅、気品)、原義は、美の女神 kharis(カリス)にある。現代、カリスマという単語は、本来の意味に加え、説明がつかない魅力への畏怖を込めて使われることが多い。

人を魅了してやまない “なにか” を持つ個人を我々はカリスマと形容する。

カリスマは外向型の人間のみに見られる特徴ではない。内向型の人間であるにもかかわらず、世の中に大きな影響を与えている著名人は多数存在する。リンカーン、ガンディー、ビルゲイツ、エマ・ワトソンなどだ。

 

カリスマは生まれ持った才能と考えられがちだが、もしあなたが内向タイプであっても、カリスマ性を身につけることは十分可能だ。カリスマは誰でも発揮できる。しかし、あなたがカリスマを発揮するに2つの身も蓋もない制約が存在する。

さて、カリスマになるための2つの条件について、お話ししよう。

 

1つ目の条件
並外れた集中力を発揮できる分野の選定

成果を出すために必要なのは、行動量、行動の質のどちらであるか。結論、どちらも大事である。そして、「成果」と「カリスマ性」の間には密な関係がある。 

卓越した成果を生むための「質と量を兼ねた行動」は、あなたを特別な人にする。

しかし、卓越した成果を生むための「質と量を兼ねた行動」は、いつどこでも発揮できるものなのだろうか。んなわけない。

逆説に言うと、どんな分野、どんなコミュニティでもカリスマでありたいと考えているうちは、あなたはカリスマ的存在になれない。残念だが、カリスマ性は、発揮できる場所を選ぶ。そして、あなたがカリスマを発揮できる分野は、あなたが生まれた時点でデザインされている。

 

なぜ、カリスマ性を持つ人はごく一部なのだろうか。それは、99%の人が本来の自分になることを、自分に許していないからだ。あなたがカリスマ性を持ちたいならば、
「ネトゲは遊びじゃねーんだよ」と似たようなベクトルの凄みを持たなければならない。好きなものを好きと声高らかに公言し、「思想や行動が宗教っぽい」と言われるレベルまで行動のリミッターを外そう。


政治家が、言語の通じない国でも同じようなリーダーシップを発揮できるだろうか。
バンドサークルでモテモテのヴォーカルが、お笑い界に進んだ場合、同じようにモテるだろうか。

重要なことは、どの人も、ひとつの分野・コミュニティにありったけの生命エネルギーを注いでおり、そのほかの分野に割く労力を「無駄」と捉えるだろうってことだ。

スティーブジョブスの考え方、生活様式が参考にされるのは、彼が成功したからだ。彼のクソみたいな人格すら、成功の要因として称賛される。

もしあなたがひとたび成果を残したならば、あなたの振る舞いは全てが正解になる。鼻くそをほじくって食べる癖さえも。

 

まとめよう。あなたがカリスマになりたければ、一流の結果を出す必要がある。一流の結果を出すためには質を伴った膨大な行動が必要だ。質を伴った膨大な行動は、魂の底から湧き上がる情熱から生まれる。夢中になれる分野でしか、人はカリスマになれない。

そして、人は誰しもが、夢中になれる分野を持っている。単にどいつもこいつも冷めたスタンス、守りに入っており、リミッターをぶっちぎる勇気がないから、カリスマになれないだけだ。あなたにカリスマが無いのなら、周りの目を気にし、宗教じみた思想・行動を持つことを恐れているのが原因だ。

冷めたスタンスを捨て、宗教じみた思想・行動をオープンすることにフルコミットした先に、何が待っているか教えよう。戦場が広がっている。その戦場は自分が生き生きできる要素のすべて揃っている最高にエキサイティングなフィールドだ。生きる実感と喜びに悶えながら駆け回ろう。数年が経つころには、百戦錬磨のソルジャーになっている。人は、戦場で生き延びるために、あなたの力、知恵を頼りにするようになる。称賛と畏怖の念を抱きながら。

 

【1つ目の条件】並外れた集中力を発揮できる分野の選定
まとめ

  1. どんな分野・コミュニティでもカリスマ的存在、は無理。幻想。
  2. 宗教じみた思想・情熱を持てる分野を見つけろ
  3. 宗教じみた行動を起こすことを恐れるな。痛い人になれ

 

 

2つ目の条件
同時に育ちにくい気質の両方を内包している

コインには表と裏がある。

しかし、ごく稀に、両面が表のコインを持つ人がいる。

つまり、両立し得ない2つの気質を併せ持つ人、それがカリスマのある人だ。カリスマのある人は、水と油を混ぜ合わせたようなキャラクターを持つ。具体例を挙げよう。あなたの身の回りにいるカリスマ性のある人は、下記のような特徴を備えていないだろうか。

  • 近寄りがたい雰囲気を放っている。業績以外で仕事ぶりを評価することはないと周囲に公言しているロボットのような人。しかし、部下の失敗は決して咎めず、むしろ励まそうとして感情が高ぶらせて泣いてしまう習性をもつ。
  • 普段はおちゃらけており、下品なことばかり話す。しかし、仕事は非常に迅速かつ正確。そして、約束は必ず守り、フォーマルな場での礼節を心得ている。

カリスマ性のある人、と言っても色々だが、「同時に育ちにくい気質の両方を内包している」という点は共通している。クールっぽいのに甘党とか、ギャルなのに真面目など、しょうもないギャップではなく、人の本性が出るような土壇場でレアリティのあるギャップを発揮するのがカリスマだ。そのギャップに、周囲は反射神経上の予想外を覚え、感動し、メロメロになる。

こうしたキャラクターを持つためには、まずあなた自身の性格をリストアップしよう。

紙でもスマホでもいいから、あなたの性格を5つ以上書き出そう。

 

紙でもスマホでもいいから、あなたの性格を5つ以上書き出そう。大切なことなので2回言いました。

 

おまえ絶対、リストアップしていないだろ。カリスマ性のある人のギャップ、レアリティのあるギャップとは、「リストアップ、2分で終わらせるか」と考えられるような習性を言うのだよ。さっさとリストアップしろ。5つだけなら2分ありゃ終わるだろ。

 

さて、自身のパーソナリティをリストアップしただろうか。

なら、リストアップしたパーソナリティとは、逆のパーソナリティを書こう。

(自分の気質)女遊びしない → (相反する気質)女遊びする

といった風に。

 

さて、この相反する気質を、書き出したあなたのパーソナリティと逆行する考え方や価値観を、あなたは持てるようにならなければならない。

女遊びしないなら、あなたは女遊びできるようにならなければならない。あなたが正しいと思っていることに縛られることは、あなたが魅力的な二面性を得る機会をことごとく捨て去るに等しい。

それが良い変化だろうが悪い変化だろうが、あなたが変わらないとレアリティのあるギャップは身に付かない。そして、レアリティのあるギャップがないと人はカリスマになれない。カリスマは極少数しかいないからカリスマなのだ。多数派と同じマインドじゃカリスマになれない。あなたがカリスマ性をまといたいなら、圧倒的に上質な少数派にならなければならない。あなたがにカリスマ性が無いとしたら、それはきっとあなたは普通の人寄り、つまりエリートな凡人かダメな凡人か、どちらかだ。カリスマになりたいなら、THE・凡人から遠ざかろう。遠ざかるなかで、どうしても痛い経験をすることになるが、その経験こそが重要なのだ。魅力を失う方向に遠ざかりつつあるところを、魅力的な方向に遠ざかれるようになる。その調整は、痛い思いをしないと行えない。

 

しかし、人はそう簡単には変われない。

大前研一氏の言葉を引用するならば、「人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。」とあるが、ぶっちゃけこの3つじゃ人は変われないし、魅力的なギャップも身に付かない。人の可塑性を過大評価してはならない。

 

あなたが変わるために、必要なことはひとつ。今までやってきたことと真逆のことばかりやれ、これしかない。


同時に育ちにくい気質の両方を兼ね持った人は、柔軟な人だ。なぜ人はギャップのある人に魅力を感じるか、普通じゃ受け入れられないものを、その腹に収めてきたからだよ。ゴミクズなのにカリスマがある人は、普通じゃ受け入れられないものを受け入れるだけの器を持つ人だからであり、そういう人自体が希少な存在なのだよ。

 

【2つ目の条件】同時に育ちにくい気質の両方を内包している
まとめ

  1. カリスマは少数だからカリスマ
  2. レアリティのあるギャップを取得できるかは、その人の柔軟性(=器)次第
  3. 一日一回、今までとは逆ベクトルの行動を起こせ

 

 

参考にした記事

www.forbes.com

yscouts.com